野村望東尼 平尾山荘跡

hirao.jpg『野村望東尼が晩年隠棲した山荘』
望東尼は、本名を「モト」といい、文化3年(1806年)、野村望東尼は福岡藩の馬廻組であった浦野勝幸の三女として生まれた。
17歳で一度嫁いだが、婚家とそりが合わなかったのか半年で離婚。24歳の時、福岡藩士野村貞貫の後妻になる。
結婚から夫妻は城下の歌人・大隈言道の門下に入る。言道は橘曙覧、平賀元義と共に幕末三歌人の一人と称され、自由清新な歌風を誇った。その革新的な歌風と人柄に惹かれ、身分を越えた幅広い層の人たちが門を叩いたといわれる。
安政6年(1859年)54歳の時夫の死に遇い、博多東町妙光寺で受戒剃髪して望東尼と号した。

福岡市中央区平尾5-2
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 17:04 | 福岡 ☀ | 偉人>野村望東尼

福岡の女流歌人 野村望東尼

botoni.jpg
野村望東尼生誕地碑

女流歌人で勤皇家。野村貞貫の後妻となり、夫と共に大隈言道に歌学入門。
勤皇家との接触を罪に問われ、乙丑(いっちゅう)の獄に連座して、糸島の沖に浮かぶ姫島に流罪となる。
1867年11月三田尻で死去。
隠棲した平尾山荘は有名。
福岡市中央区赤坂3丁目4
<福岡市歴史散策・海鳥社より>
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 10:50 | Comment(0) | 偉人>野村望東尼

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。