菊池神社(首塚)

kikuchi2.jpg菊池神社(首塚)
1333年肥後の菊池武時(寂阿)は護良親王の令旨を受け、少弐・大友と謀り、博多の鎮西探題を攻めたが、両家の離反にあって敗退。
落ち延びる途中息が耐え、この場所で首を打たれて埋葬されたそうです。
1869年創建(参考文献 福岡市歴史散策:海鳥社)
福岡市六本松3-12

福岡散歩道へ

ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 20:38 | 福岡 | 神社>菊池神社

菊池神社(胴塚)

kikuchi1.jpg菊池神社
菊池武時(菊池氏12代当主)を祀る神社
1333年、時すでに京都では戦乱が渦巻いているころ、後醍醐天皇の命により、鎌倉幕府倒幕のために博多の鎮西探題の北条英時(赤橋英時)を攻める。(武時はこの時には出家して、名を寂阿という)
しかし、北条英時や少弐貞経、大友貞宗らの反撃を受けて、菊池武時、息子の次郎武重、頼隆、そして武重の息子共々討ち取られた。馬上の武時の首が落ちたところが六本松の首塚、胴が落ちたのが七隈の胴塚といわれるこの場所の菊池神社。
江戸後期、幕府打倒の口火を切った勤皇の魁として賞賛され、武時戦死500回忌に墓探しが始まり、武時の墓と称するものがあったので、この地に建立された。
(参考図書 福岡市歴史散策:海鳥社)
福岡市城南区七隈7-10




ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 21:36 | 福岡 ☁ | 神社>菊池神社

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。