梅林古墳

umekofu.jpg梅林古墳(うめばやし こふん)   福岡市指定史跡(1991年)
福岡市営住宅(現福岡市市営住宅梅林第1団地)開発のために、1998年発掘調査が行われました。出土品等から5世紀後半に築造されたと考えられている、横穴式前方後円墳。全長約27m・後円部直径15.5m、高さ約3m。玄室は、長さ約3.9m・奥の幅約1.4mの羽子板状平面形で、床には石が敷き詰めてあったそうです。墳丘は二段築成で、葺石や埴輪はなく、須恵器、土師器・鏃・斧・たがね・刀子・鉄刀子、鞍金具などの馬具や、ガラス製管玉などの装身具が出土したそうです。
(梅林古墳案内看板より)
城南区梅林5丁目42
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 16:21 | 福岡 🌁 | 史跡>梅林古墳

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。