旦過だるま堂

tanga.jpg旦過寮とは、旅の僧を宿泊させ、もてなすところだそうです。
ここには、中国の禅僧の開祖である“だるま(達磨大師)”が祀ってあり、江戸時代の元禄年間(1688〜1704年)に作られた大きな銅つくりの厨子(仏像・舎利・経典などを収める仏具)や、室町時代に作られた五重石塔があります。
石塔は繁層式五重石塔といわれる形式で、姪浜石(砂岩)で作られているため、風化が進んでいます。
福岡市西区姪の浜6-13-7

福岡散歩道へ
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 18:02 | 福岡 ☀ | 仏閣>旦過だるま堂

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。