亀井南冥生誕地

kameisei.jpg亀井南冥(1743年〜1814年)は、儒教の徂徠学(そらいがく)を学び、天明4年(1743年)福岡藩校の東学問所『修猷館』(朱子学)とともに開設された西学問所『甘棠館』の学長になりました。
この年、志賀島で、『漢委奴国王』の金印が発見され、偽物論や鋳つぶし論などがありましたが、金印の謎を解明する『金印弁』を発表して金印を守りました。
福岡市西区姪の浜3-15

福岡散歩道へ
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 18:51 | 福岡 ☀ | 偉人>亀井南冥

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。