正平廿一年銘梵字板碑

syouhei.jpg板碑とは供養のために建てられた石塔婆の一種で、中世特有の石造物と言われています。
この板碑は玄武岩を用いて作られたもので、頭部は斜めに仕上げられていますが、下部は銘文の一部と共に欠損しています。
上部中央にある径13センチの円相の中にバク(釈迦如来)を示す梵字を薬研彫りしています。

福岡市東区松島1-37 松島公園内

福岡散歩道へ
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 10:55 | 福岡 ☀ | 仏閣>板碑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。