原田種夫文学碑

harada.jpg明治34年3月16日、福岡市春吉4番丁(現中央区春吉)に生まれた原田種夫は、ほぼ昭和全期にわたり、『九州文学』の発展にその生涯を捧げた。
北原白秋に師事し、頭角を現すようになると、火野葦平、劉寒
吉、岩下俊作らと共に、文学活動を通じて今日の『九州文学』の
土台を築く。
博多の街を愛し、那珂川畔を愛した氏は、他の作家達が次々に上京する中、ひとり福岡に留まり中央の文壇、あるいは地方の文
士たちと、常に交流を図るまとめ役として奔走した。
福岡市博多区中州4-6-12

福岡散歩道へ
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 20:24 | 福岡 ☁ | 偉人>原田種夫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。