菅公腰掛石・少童神社

watatumi.jpg菅公腰掛石
菅原道真は昌泰4年(901)に右大臣の職を解かれて、大宰府に左遷され、博多に上陸した菅原道真は現在の室見〜重留〜板屋を経て、大宰府へ向かったと伝えれれています。その道中菅原道真が休息をとるために座ったといわれる石が『腰掛石』
その石が福岡市早良区室見にある『少童神社』の境内の裏に祭ってあります。
福岡市早良区企画課『早良区よかとこ』より
尖った石にも座ったのかしらん?
福岡市早良区室見4-3
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 21:37 | 福岡 ☔ | 菅原道真>菅公腰掛石

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。