加藤司書公銅造跡

katou.jpg加藤司書徳成(のりしげ)公は福岡藩の家老職2800石の要職にあり、勤王家。
加藤司書24歳、嘉永6年(1853年)7月ロシア船が来航した時、藩兵500余人を指揮し長崎を警護、同艦隊を穏便に国外へ退去させます。
文久3年(1863)8月、宮廷守護に当たっていた長州が解任され、尊攘派の7人の公卿も、京を追放され、福岡の太宰府の延寿王院藩で預ることになります。
翌元治元年(1864)6月、池田屋事件勃発。同年7月、禁門の変(蛤御門の戦い)で、長州は敗退。
その後、幕府は長州を討つために、広島に各藩の藩兵を参集しました。
加藤司書も福岡藩を代表し、また薩摩藩からは西郷吉之助も来ています。
黒田長溥は、『外国艦隊の脅威を前に国内で戦っている時ではない、国防に専念すべし』という考えの基、加藤司書に建白書を持たせ、徳川総督に提出しています。
加藤司書と西郷隆盛が参謀会議を止戦へと導き、長州の恭順を条件に解兵が実現しました。
この時に詠んだ歌が「皇御国の武士は」の今様です。
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 21:51 | 福岡 | 偉人>加藤司書

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。