綱敷天神(綱敷天満宮)

tunasiki.jpg綱敷天神(綱敷天満宮)
菅原道真公が太宰権帥に左遷されて赴任の途中、袖の港に上陸したとき、住民達は綱で敷物をつくり,迎えたといわれています。
その後、その場所に社殿が建ち綱輪天神(つなわ)といっていましたが、次第に綱場と呼ばれるようになって、現在、町名として残っているそうです。
福岡市博多区綱場町5
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 17:43 | 福岡 ☀ | 菅原道真>綱敷天満宮

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。