博多の井戸『松原水』

福岡の井戸、松原水松原水
明治初期 まだ井戸水を利用していたころ、博多部の井戸は水質に恵まれず、そのため飲料水は当時の那珂郡千代部一帯 現在の博多区千代付近に続く松林(千代松原)の砂地から汲む井戸水を運んでまかなわれていた。これも次第に立て込む人家の家庭汚水で利用出来なくなってきた。そこで明治29(1896)年福岡市は、飲料水確保のため千代村堅粕(現在の博多区東公園)の東公園内の国有地約1アールを年間1円8銭で借り受け、工費50円で市設の井戸を掘った。これが『松原水』の起こりである。続きを読む
ポチッとクリック人気blogランキングへ
福岡散歩道へ
posted by ダンコン at 21:19 | 福岡 ☁ | 名水>松原水

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。